obscure codex / mondfish

codex_main 600

Release Date: June 26th, 2015

 

Price: ¥900 / Album

 

iTunes

Spotify

Bandcamp

 

“眠れぬ夜にめくる、濡れた手記から紡ぐ音”

“The sound which is spun from a wet note being turned over at insomnious night.”

 

obscure codex / mondfish

01. S.P

02. Chebucabra

03. sleepless

04. seagulls

05. closer

06. dot/sq

 

Music: mondfish

Mastering: Tia Rungray

Art Director: Sayumi Higo

 

Translation: arnika

 

About “mondfish”

sabachthaniのフロントマンであるkaetsu takahashiと、アンビエント・ノイズミュージシャンであるyorihisa tauraによって結成されたユニット。アンビエント、ドローン、ノイズ、電子音響、シューゲイズ、クラシカル、現代音楽、クラウトロック、ニューウェイヴ等、古今東西の音楽を内包しながら、ジャンル分類不可能な楽曲を制作している。楽曲制作の過程は、ウェブ上でのやり取りのみである。

ライブは完全に即興演奏で構成されており、規定のフレーズやリズムに縛られることなくパフォーマンスを行う。メンバーは二人共ギタリストではあるが、ラップトップやカオスパッドを操作していることも多い。また、VJやゲストミュージシャンを迎えることもある。

ライブ活動の他に、ドイツのアーティストとのスプリットアルバムや、映像作品への楽曲提供等、多方面に向けた活動を展開している。

 

This is the unit which was formed by kaetsu takahashi and yorihisa taura, the former person is a front man of sabachthani and the latter is ambient noise musician.
As involving drone, noise, electronic, shoegaze, classical, and contemporary music, kraut-rock, new wave, and other music of all ages and countries, it produces the musical pieces impossible of genre classification.
The process of production is done only through exchanges on the Web.

The live concerts are completely comprised of improvisation and the performances are without being bound by prescribed phrase and rhythm.
The two of members are guitarists, but often operate a laptop and a chaos pad.
In addition, sometimes there is chances to team up with VJ and a guest musician.

Other than live concert activities, diversified activities are carried out such as the split album with the German artist and to supply musical pieces to video works.

 

コメントを残す