3周年記念コンピレーション・アルバム「Warmwald & Kaltwald」特設ページ

 

%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%ae%a3%e4%bc%9d%e7%94%a8

 

Non-REM Records 3周年記念企画「Warmwald & Kaltwald」

 

小川青氏による描き下ろしイラスト2点をもとにして、総計23組のアーティストが楽曲を制作。秋と冬のイメージにピッタリのコンピレーション・アルバムになりました。

 

リリース

2016年10月30日

 

直販サイトと同日M3-2016秋(東京流通センター:ブースE-05b)で取扱決定。

ポストカード付き2枚組セットの予約販売開始

http://nonrem.theshop.jp/items/4492813

 

収録アーティスト(順不同)

JiiNN | 宮田涼介 | kaetsu takahashi | Rhucle

stabilo (from speaker gain teardrop) | tontenchoy

Vosque (from dormer) | EarthSoundscape

smirkimb| Jobanshi | Gecko | Rikimaru Ishida

LZ129 | Naotko | 岡田和樹 (from 極東ピーコック)

Yorihisa Taura | Keita Sasaki | 虚夢

桑原優佑 | Hiroaki Kobayashi | silentwave

keiko kobori (from keshiki.) | ihatesummer

コメント

—ふなばし (Cat & Bonito)

レーベルや音楽家個人の単位で、かなりの数のコンピレーションアルバムがリリースされている昨今だ。コンセプトのタイトなものから緩やかなものまで、様々なものが見受けられる。リスナーに新たな発見をもたらしたり、音楽家同士の新たなつながりを生み出したりと、それがシーンの活性化に果たす役割は意外と大きい。そんな中で、この2枚のNon-REM Recordsのプロジェクトは、レーベルのカラー、また主宰者Tia Rungray氏の音楽手法やコンセプトが確固とした求心軸をなしている。つまり、すっと体に馴染む心地よいサウンドと一筋縄ではいかないエクスペリメントな冒険の要素が、各トラックごと、またその総和としてのアルバムの単位で、絶妙な交錯を見せている。既知のアーティストのサウンドを媒介に、未知のアーティストのサウンドへとリスナーを誘っていくことは必至。続く2枚もとても楽しみだ。

 

 

One thought on “3周年記念コンピレーション・アルバム「Warmwald & Kaltwald」特設ページ

コメントを残す